2008年01月08日

対価

受験勉強のようなものです。

結果が出るかどうかは確かな根拠はないけど、ただひたすらに自分を信じて頑張る。

こういうのが好きです。


理想を高く持つことはたしかにいいことなのかもしれないけど、その高すぎた理想のせいで自分自身をつぶしてしまうことはダメだと思います。

そうならないために、まずはいくつかの通過点を作って、定期的に自分を奮い立たせることが次の通過点までの原動力になります。

イソップ物語のうさぎとかめの話でもあるように、

瞬間的なやる気より、しっかりとした芯のあるやる気の方が良いと思います。



少なくとも、こういう考え方ができるようになっただけでも大学に来たかいがあったのかなと思います。



ちょっとバラード作りに専念というか、妥協一切なしのやつやってみたいと思います。







【関連する記事】
posted by 菅原 at 22:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。